下痢

Diarrhea

下痢とは

下痢とは便の水分が多い状態のことを指します。

便には水分が多く含まれており、腸が健康な状態で排出されるバナナ状の便でも、70%以上の水分が含まれています。

水分量が80%以上を泥状便、90%以上になると水様便となります。

このように、液状に近い泥状便と水様便を短時間に頻発する状態を下痢といいます。

下痢の原因

下痢の原因は主に、ストレスや暴飲暴食、消化不良、食あたり、食物アレルギーなどが考えられます。

下痢の症状

下痢の中でも、下記のような症状の場合は詳細な検査が必要な場合があります。

  • 高熱やひどい腹痛を伴う下痢
  • 血液が混じる下痢
  • 症状が悪化し、改善しない
  • 下痢以外に吐き気や嘔吐がある

下痢の検査方法

下痢の検査方法は問診、腹部の触診、聴診などを行います。

一過性で程度が軽い症状では、薬を処方する場合があります。

これに対して、慢性の下痢や程度が重い下痢、程度が軽くても炎症性の疾患や、出血を伴う場合は血液検査や直腸鏡検査、腹部レントゲン、大腸内視鏡などの検査を行います。

下痢の治療法

急性で起こる下痢の場合、細菌感染やウイルスによる胃腸炎が原因で起こることが多いため、整腸剤を使って治療します。

また、必要に応じて抗生物質を投与します。

慢性的な下痢の場合には、大腸内視鏡検査などの各種検査を行い、原因を特定し、適切な治療を行います。

原因となる病気が見つからない場合、過敏性腸症候群が考えられるため、生活習慣の改善などについてアドバイスを行い、治療していきます。